奪い合いから分かち合いへ

ハッピーデー

3月20日は国連が定めるハッピーデー
国際幸福デー(3月20日)事務総長メッセージ | 国連広報センター

Happy Day TOKYOなどこの日にあわせてイベントが開催されたりしています。

映画Happyの上映会ウィークにあわせて、
Happyの上映会+アチーバスによる幸せについて考えるワークショップを開催しました。

16日京都

19日横浜

21日札幌

ハッピーデー

10年続ける

10月は三河湾の方の100キロに出ますが、来年は行橋~別府100キロウォークの方に出場したいと考えています。

この大会は15回にあたる昨年はなんと4000人以上の方の参加がありました。それでも、第1回は44人から始まっているのです。

ピースデーアチーバスリレーも継続するうちに徐々に増えてゆくよと自分に言い聞かせたいなと。

そして、この大会の面白いのは、参加者が増えるにつれて完歩率があがっているところです。100キロを完歩できないのは体力ではなくて、痛みや退屈さに耐えられないという心の問題です。参加者が増えるにつれて心が強くなる何かがあるのではないかと推測されます。戦争は自分の利益や主張を暴力で思い通りにしようとする行為です。心が強くなれば、その分だけ平和に近づくのではないでしょうか。

参加者数と完歩率
     参加数  完歩率
第1回大会 44名  45.5%
第2回大会 123名 47.2%
第3回大会 231名 51.9%
第4回大会 414名 47.3%
第5回大会 571名 48.9%
第6回大会 735名 49.7%
第7回大会 928名 60.0%
第8回大会 1451名 61.7%
第9回大会 1878名 61.6%
第10回大会 2439名 65.8%
第11回大会 3266名 62.9%
第12回大会 3450名 68.0%
第13回大会 3926名 70.9%
第14回大会 3972名 72.6%
第15回大会 4179名 72.5%

9カ国で27箇所での開催でした。

予定では10ヶ国でしたが、ローマでの開催はできなかったので9カ国になりました。
日本国内では数え漏れがあるかもしれませんが18箇所で開催されて、全部で27箇所での開催になりました。

昨年より順調に増えています。
来年は今よりトレーナーも増えているでしょうし、海外に挑戦する若者も送り出したいと考えています。
地道に継続します。

そして日本では
一関(岩手)で吉田さん

写真がありませんが
大阪で角田さん橋田さん
岡山で柳元さん

ロンドンで見つけた新しい可能性

ロンドンに行ってみて、物価の違い、社会コストについて考える機会になりました。

そして、来年は世界中に若者を送り出す企画を進めたいと思いました。

ゲストハウスをアチーバスしながら人をつなげる旅をし若者にしてもらおうという企画です。

アチーバスは、最初に人を混乱させます。
混乱から、わかったに至り
わかりあえないから、わかるへの変化を
一緒に寄り添うことで、できる人間関係は格別なものがあります。

異文化で、ネイティブではない言語で、この変化をつくり出すことを続けると鍛えられることは間違いないと確信します。

投稿 by 鈴木 利和.

 

ロンドンは物価が日本の1.8倍ミネラルウォーターが200円という状況で、給料もその分高いんだとか。外国人が出稼ぎに来たくなりますね。それも、強みがあってのことなのだと思いますが。

 

ミヤンマーでお会いしたコンサルタントの方が日本はトータルのコストが安いという話をされていましたが、今回実感しました。

電車などの交通機関があてにならないと早め早めの出発になります。

1時間早く出発することもコストです。

予定通りにことが進む、約束が守られるということはコスト低減になります。

建設現場やITなど多くの人が関わって実行されるプロジェクトにおいて約束どおりに実行されないと手待ち時間があちこちで発生して全体の納期遅れにつながります。それぞれが自分の担当領域において、約束を何が何でも守るという意思の強さを日本はまだ持っています。先進国だったらできるということはありません。

真の民主主義は、議会などの政治システムよりも、ここの人間の社会に対する参加意識にかかっていて、その点において日本はTOPランクで強みだということを多くの人に体感してもらいたいなと感じました。

アチーバスがもっている全体を俯瞰するということがもたらす全員が協力して達成するという参加意識が持つ可能性を実感する旅の可能性は大きいのです。

ロンドンでのピースデーアチーバス

ピースデーにロンドンに行ってアチーバスしてまいりました。

 

こんな感じで多彩な皆様を相手に通訳なしに挑戦しました。

困難な状況になった時に人間性が出てしまいますね。自分の枠を捨てて、この場に起きていることに向きあってゆくことの重要さを再確認しました。参加者の皆様に助けられました。

10715821_649380135159461_1885195311_n

会場はこんな感じのクラッシクな雰囲気の漂うゴルフ場です。10716029_649380198492788_1261907336_n

 

開始前のティーブレイクです。10576834_649380158492792_540136959_n

この後、ブラーマクマリスさんのリードで瞑想に入ります。1415738_649380175159457_1911823030_n

瞑想の後、いよいよ紹介を受けてピースデーアチーバスをしようと思い立った経緯やここに至る道程を話しました。10714769_649380145159460_1790430710_n1420518_649380138492794_20710125_n-1

混乱しながらも、なんとか取り組んでくれました。

972652_649380208492787_1738201835_n

終了後の振り返り&瞑想タイム10613984_649380141826127_1651294217_n

駅に1時間前に集合で打ち合わせをする約束で、早めに着くつもりで出かけたのですが、ゴルフ場に向かう方面への列車は運休している。分岐の別方向でとりあえず近くまでは行こうと思ったら、外に出てしまったら、駅は何故か降りることしかできない。宮村さんに電話しようにもいくつかある公衆電話は使えないものばかり、やっと見つけた公衆電話からなんとか状況を伝えることはできたものの手段はタクシーしかないが、郊外ではタクシーをつかまえるのは至難の業とのこと。そもそも、ポンドにほとんど両替していなくて現金もない。とりあえず、電車に乗れる隣駅まで歩こうと向かっている途中に、信号待ちしているタクシーを発見。近寄っていったらのせてくれたのですが・・・キャッシュオンリーの表示が・・・。Google Mapで目的地に近づいているのを確認しつつ、なんでそっちに行くねん・・間違えたなどなんとか5分前に到着することができました。

10622871_10152787924222994_7763746721857688753_n

開始前はちょっとだけ余裕がありました。10707944_649380178492790_2068263857_n

 

今回、会場のセッティングなど何から何までお世話になった宮村さんとお嬢さん。

ご紹介いただいたブラーマクマリスの皆様ありがとうございました。10641144_10152789245237994_2044788671140087296_n

 

今回、唯一現地でお会いできた知り合いの浅田さん。大学生の時にダナンに来て観光マップをつくってくれた強者です。

今はJTBを辞めて、ワーキングホリデーを活用して海外勤務に挑戦中。

今回、会場が郊外だったのですが、休みの日は電車が動いていないことがあるらしく、ゴルフ場に至る電車もバスも運休で、タクシーも拾えないなか4時間かけて歩いて現地まで来てくれました。

unnamed

 

前日に訪問したブラーマクマリスのグローバル本部。インド以外の海外センターの本部で大きな施設です。10665832_10152787071012994_3052182931946192658_n 10407802_10152787071172994_3769297700666770702_n

 

アチーバス風の組織って

【アチーバス風の組織って?】
今、一部のトレーナーで話題の「アチーバス風の組織」の在り方。
梅村が考えるアチーバス風の組織は、、
「みんながリーダーになれる」こと。
というか大前提として、みんながリーダーだということ。(*^^*)
そして、みんなに役割がある。
なぜなら、アチーバスに参加した瞬間から、1人1人に平等にバトンタッチが回ってくるから。
役割は与えられる場合もあれば、自ら気づいてやる場合もある。
その役割は固定的なものではなく、状況によって変わってゆく。
自分がアチーバスを達成しても、今度はみんなを助ける役割に変わる。
自分の役割は、全体を見たり、関係性を見たり、(みんなが17枚そろえることや、カードの流れを読んだり。)する中で自然と決まります。
基本は自分らしさ、自分の強みを発揮すること。
そしてそこに欠かせないのが「思いやり」!!(^_−)−☆
全体勝利に対して自分の強みの発揮の仕方を選択できる。
アチーバス風の組織は、別の言い方をすると「思いやりーダーの組織」。
うん。まだまだ実際に運用するには研究、工夫する必要がありそうです。
人はどうしても自分のモノサシで見てしまうから、すれ違いや不満が出てくるのをどうするか?
組織設計は難しくても、自分が思いやりーダーの生き方を目指すことはできますから。♪( ´▽`)
ということで、、
今、静かにアチーバスジャパンが少しづつ動き出しています。o(^▽^)o
アチーバスジャパンプロジェクト、トレーニングディレクターの渡邊義さんとコーヒーで乾杯!!

ピースデーアチーバスリレーがカナダのラジオで紹介されたらしいです。

ピースデーアチーバスリレーがカナダのラジオで紹介されたらしいです。
開発者のジャーミー、日本の梅村さん、アルゼンチンのAristoteles Nielsenが参加されています。
The Achievus World Relay is happening Sunday, September 21st on World Peace Day.Achievus is a board game that teaches kids the Success Principles from Napoleon Hill’s book Think and Grow Rich.

ロンドンでのピースデーアチーバスの概要が決まりました。

ロンドンでのピースデーアチーバスの概要が決まりました。

1604439_720116308080892_5784012381066057031_n

ロンドン在住の宮村さんのご尽力により、ロンドンでのピースデーアチーバスの概要が決まりました。

ご紹介いただきました、ブラーマクマリス本多さんありがとうございます。

ゴルフ場の中のセミナールームになりました。

アイスブレイクに瞑想をします。

ロンドンの17時は日本では真夜中の2時ですが、

Skypeなどでつながれる方はつながっていただけましたら幸いです!

 

会場:Finchley Golf Club, (The Braid Room),

Nether Court, Frith Lane, Mill Hill, London, NW71PU

10685026_640997172664424_1720286531_n

16:00pm -16:30pm Arrival & Tea (ice breaking work 30min.)at Entrance Space

16:30pm-16:40pm Introduction (10min.)– Daksha at Blue Room

16:40pm-16:50pm Taster of Raja Yoga Meditation (10min.)– Parul

16:50-18:25 Achievas Game (95min.)

18:25-18:30 Closing

 

 

You Are the One Project

You Are the One Projectについて

2011年3月、大学3年の春休みにアラビア語研修でシリアを訪れました。

温かく人懐っこい人々に魅了され、大好きになったシリア。しかし、翌月の日本帰国直後から、シリア国内でデモが激化し、内紛状態に陥りました。

自分が訪れたことのある場所が爆撃されるのをテレビ越しに見ながら、SNSにはシリアの友人たちの 悲しみの声が溢れました。

「自分には何ができるのだろう」とずっと模索していた時、ドキュメンタリー 映画「ザ・デイ・アフター・ピース」に出会いました。

映画の中で、ピースデーの発起人、ジェレミーは次のように言っています。

「よく言われるんだ。『あなたがピースデーについて伝えるべき相手は、 ガザや ソマリア、アフガニスタンにいる人たちではないのか』と。でも、 それは違う。彼らは、すでに『変えたい』という気持ちを持っている。 「チェンジ」を求めている。 僕がメッセージを伝えたいのは、住む場所や 食べる物がある「あなた」なんだ。 (“You are the one.”) 世界を変えられる 立場にいるあなたに「チェンジ」を 起こして、世界を変えてもらいたい。」

映画を観終えたとき、多くの人がピースデーを知れば、シリアを始めとした紛争地への注目や関心が高まり、又、日本のように武力による戦いはない国でも、「平和」を再考する機会になるのではないかと感じました。そして、ピースデーを広めることが、私にできる1つの「チェンジ」 だと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトの実現には、沢山 の方の「チェンジ」の気持ちが必要です。

皆さんの“I am the one.”の気持ちと お力を貸してください。

プロジェクト・リーダー

竹村 藍 (Ai Takemura)