奪い合いから分かち合いへ

arieru39

About

http://achievus.info

組織デザイナー ありえないをありえるに

Posts by :

ロンドンでのピースデーアチーバス

ピースデーにロンドンに行ってアチーバスしてまいりました。

 

こんな感じで多彩な皆様を相手に通訳なしに挑戦しました。

困難な状況になった時に人間性が出てしまいますね。自分の枠を捨てて、この場に起きていることに向きあってゆくことの重要さを再確認しました。参加者の皆様に助けられました。

10715821_649380135159461_1885195311_n

会場はこんな感じのクラッシクな雰囲気の漂うゴルフ場です。10716029_649380198492788_1261907336_n

 

開始前のティーブレイクです。10576834_649380158492792_540136959_n

この後、ブラーマクマリスさんのリードで瞑想に入ります。1415738_649380175159457_1911823030_n

瞑想の後、いよいよ紹介を受けてピースデーアチーバスをしようと思い立った経緯やここに至る道程を話しました。10714769_649380145159460_1790430710_n1420518_649380138492794_20710125_n-1

混乱しながらも、なんとか取り組んでくれました。

972652_649380208492787_1738201835_n

終了後の振り返り&瞑想タイム10613984_649380141826127_1651294217_n

駅に1時間前に集合で打ち合わせをする約束で、早めに着くつもりで出かけたのですが、ゴルフ場に向かう方面への列車は運休している。分岐の別方向でとりあえず近くまでは行こうと思ったら、外に出てしまったら、駅は何故か降りることしかできない。宮村さんに電話しようにもいくつかある公衆電話は使えないものばかり、やっと見つけた公衆電話からなんとか状況を伝えることはできたものの手段はタクシーしかないが、郊外ではタクシーをつかまえるのは至難の業とのこと。そもそも、ポンドにほとんど両替していなくて現金もない。とりあえず、電車に乗れる隣駅まで歩こうと向かっている途中に、信号待ちしているタクシーを発見。近寄っていったらのせてくれたのですが・・・キャッシュオンリーの表示が・・・。Google Mapで目的地に近づいているのを確認しつつ、なんでそっちに行くねん・・間違えたなどなんとか5分前に到着することができました。

10622871_10152787924222994_7763746721857688753_n

開始前はちょっとだけ余裕がありました。10707944_649380178492790_2068263857_n

 

今回、会場のセッティングなど何から何までお世話になった宮村さんとお嬢さん。

ご紹介いただいたブラーマクマリスの皆様ありがとうございました。10641144_10152789245237994_2044788671140087296_n

 

今回、唯一現地でお会いできた知り合いの浅田さん。大学生の時にダナンに来て観光マップをつくってくれた強者です。

今はJTBを辞めて、ワーキングホリデーを活用して海外勤務に挑戦中。

今回、会場が郊外だったのですが、休みの日は電車が動いていないことがあるらしく、ゴルフ場に至る電車もバスも運休で、タクシーも拾えないなか4時間かけて歩いて現地まで来てくれました。

unnamed

 

前日に訪問したブラーマクマリスのグローバル本部。インド以外の海外センターの本部で大きな施設です。10665832_10152787071012994_3052182931946192658_n 10407802_10152787071172994_3769297700666770702_n

 

ダナンでもアチーバスGo

ダナンでもアチーバスGo

ダナンでもアチーバスGo

9月21日のピースデーには、ダナンからも参加いただきます。

ポジティブな態度〜楽しそうにやる

ポジティブな態度〜楽しそうにやる

企業人が初めてアチーバスをやるとたいてい山札を残して時間切れになります。眉間にシワを寄せて、会話も少なめです。正しくやろうとして時間がかかってしまうのです。初めての時には失敗に対する恐れが、考えても仕方がないことに時間をかけさせて、進むのを遅れさせてしまいます。

同じことが職場でも起きていませんでしょうか?すぐに着手すれば良いことが実行されない。先送りにするために、自分は悪くないと言い訳をしなければいけなくなる。自分が悪くないのだとしたら、他の誰かがわるいのだと犯人探しが始まるか自分はこういうことには向いていないのだと自己否定をしたり、それをさせる上は自分のことをわかっていないと他責になってしまう。周囲を見回して、他の誰かの後ろについてゆこうとしたりします。

ベトナムと日本を行き来する生活をしていた時に、日本に帰ってくる旅に感じていたことがあります。「なぜ、こんなにも日本はネガティブなのだろうか?テレビや新聞には、事件や評価批評ばかりで、政権は1年も持たない。どうして、みんなで協力しあって良くしようとしないのだろうか?ということです。

なぜ、こんなにも失敗を恐れるのでしょうか?場がネガティブだと闘争逃走本能が刺激されて、人に優位に立とう、失敗しないようにしようとしてしまいます。かつて、猛獣に比べてひ弱な人間が生き残るためには、危機にあたって闘うか逃げるかは重要でした。

このネガティブな感情に比べて、ポジティブな感情は何の効果があるのかわかりませんでした。ポジティブ心理学者のバーバラ・フレドリクソンはポジティブであることの効果として拡張形成効果を発見しました。ポジティブな感情は能力がを拡張させ、直観が働きかせ、人を成長させます。価値創造するためには、失敗が気にならないポジティブな場が必要なのです。ポジティブな場をつくるために何が必要でしょうか?

ありがたかったことを毎日3つ書きだすことが有効だといわれてます。最初は、何も思い浮かばないかもしれません。それでも、書くために気にかけているとありがたいことが目につくようになります。自分がしてもらってありがたかったことを他の人にするようになると自分には貢献できることがあるということでますます気分が良くなります。

楽しそうにすることは、悪いことに目をつむって現実逃避をすることではありません。自分は必ず道を見つける。そのための試行錯誤を数多く早くやるという意思です。ポジティブ度を高めることで、失敗を恐れず、すぐにやる、主体的にやる、できるまでやる環境をつくり、私たちの中にある才能を開花させることなのです。

ブラーマクマリス

もともとは、本多さんはじめ皆さんとは、榎本さんのチェンジザドリームシンポジウムのファシリテーター仲間で、平和活動に関心があるという接点からでした。

今年、宇和島でご一緒したのが最初の活動で、The Day After Peaceの上映会と瞑想の会をやりました。 http://www.ufpff.com/dap

宇和島市の中川さんは、日本がまだ国連に加盟していない時に、世界は絶対に平和にならなければいけないと国連に乗り込み、加盟国の皆さんからコインをもらい、そのコインを鋳込んだピースベルを寄贈した方です。 このピースベルは、今も国連にあって、9月の国連開会のタイミングと21日のピースデーに鳴らされます。

BKの生田さんが宇和島の出身で、このことをご存知だったのです。

国際平和映像祭

国際平和映像祭は友人の関根氏が始めた平和のための映画祭です。

平和についての活動は関根氏から相当影響を受けました。

ありえないをありえるに

価値とは一体何でしょうか?

私がこれまで取り組んできた経験から言えるのは、その人にとって有益な変化だといえます。

変化

お腹がすいていたのが、食べたら、満腹になった。

悩んでいたことが、相談したら、すっきりした。

電車で10時間かかるところ、飛行機に乗ったら2時間で行けた。

これらの変化、違いをつくり出すために時間を使い、知恵を出して対価を得ているわけです。この変化が得がたいものであればあるほど価値が高くなります。

私自身が最も価値を感じているのは、自分だけでは気づけなかった思い込み気づき、ありえないと思い込んでいたことか可能になることです。

 

思い込みに気づき、世界観が変わるような機会にはプロジェクトラーニングや映像を使った対話などがあります。

一般的な研修やコンサルティングは多くの場合、受講者は受身になったり、一部の人が主導していてそれに従っているだけで、主体的に参加していない状態になることがおこりえます。

全員参加の組織にするためには、日頃消極的な人にこそ積極的に参加してもらいたいです。本当はできるのに、他の人がやってくれるからと一歩引いているだけで、みんなで協力したらこんなことができるんだと体験してもらい、その違いを生み出しているものは何かのか?そこに現れた事実をもとに、その人自身に発見してもらいたいのです。人には本来「自で見つけたい」という欲求があります。とはいえ、気づくキッカケがなければ注意を向けることもありません。不思議に思うことや一見関係なさそうな因果関係など世界が広がるきっかけをどうやって手に入れるのでしょうか?

絶妙のタイミングで、<問い>によって注意を向けさせ、その人が既に知っていることとつなげる働きかけを媒介といいます。相互に媒介ができるようになると発見する楽しさ、学びあう喜びを知る組織に近づきます。

できる、できないは、多くの因子が複雑にからみあっています。単純にこうすれば良いといえるものではありません。とはいえ、人は一度にいろんなことはできません。たった一つに絞る必要があります。ゲームは複雑なものを複雑なまま保留して直観的にここから始めて、段階を踏んでゆけば良いのだということをメッセージするツールとして優れています。

最初にアチーバスを共通体験として共有していることによって、プロジェクトで壁にぶつかっても、これはアチーバスのあの部分に似ているよね、ということは、こうなっているからこうすれば良いんじゃないかと話し合うことができます。気づきは一瞬でも価値として定着するには長い時間がかかります壁にぶつかったら、ここにもどるという場があることはプロジェクト推進において非常に役立ちます。

Love Happy Peace

リアセックでアチーバスGo~

リアセックでアチーバスGo~

リアセックでアチーバスGo~

今回は2名アチーバス達成
全員達成まであと2枚でした。

最後、もっと俯瞰できていればと悔しかった分、気づきも深まりました。

アチーバス風の組織って

【アチーバス風の組織って?】
今、一部のトレーナーで話題の「アチーバス風の組織」の在り方。
梅村が考えるアチーバス風の組織は、、
「みんながリーダーになれる」こと。
というか大前提として、みんながリーダーだということ。(*^^*)
そして、みんなに役割がある。
なぜなら、アチーバスに参加した瞬間から、1人1人に平等にバトンタッチが回ってくるから。
役割は与えられる場合もあれば、自ら気づいてやる場合もある。
その役割は固定的なものではなく、状況によって変わってゆく。
自分がアチーバスを達成しても、今度はみんなを助ける役割に変わる。
自分の役割は、全体を見たり、関係性を見たり、(みんなが17枚そろえることや、カードの流れを読んだり。)する中で自然と決まります。
基本は自分らしさ、自分の強みを発揮すること。
そしてそこに欠かせないのが「思いやり」!!(^_−)−☆
全体勝利に対して自分の強みの発揮の仕方を選択できる。
アチーバス風の組織は、別の言い方をすると「思いやりーダーの組織」。
うん。まだまだ実際に運用するには研究、工夫する必要がありそうです。
人はどうしても自分のモノサシで見てしまうから、すれ違いや不満が出てくるのをどうするか?
組織設計は難しくても、自分が思いやりーダーの生き方を目指すことはできますから。♪( ´▽`)
ということで、、
今、静かにアチーバスジャパンが少しづつ動き出しています。o(^▽^)o
アチーバスジャパンプロジェクト、トレーニングディレクターの渡邊義さんとコーヒーで乾杯!!