ロンドンで見つけた新しい可能性

ロンドンに行ってみて、物価の違い、社会コストについて考える機会になりました。

そして、来年は世界中に若者を送り出す企画を進めたいと思いました。

ゲストハウスをアチーバスしながら人をつなげる旅をし若者にしてもらおうという企画です。

アチーバスは、最初に人を混乱させます。
混乱から、わかったに至り
わかりあえないから、わかるへの変化を
一緒に寄り添うことで、できる人間関係は格別なものがあります。

異文化で、ネイティブではない言語で、この変化をつくり出すことを続けると鍛えられることは間違いないと確信します。

投稿 by 鈴木 利和.

 

ロンドンは物価が日本の1.8倍ミネラルウォーターが200円という状況で、給料もその分高いんだとか。外国人が出稼ぎに来たくなりますね。それも、強みがあってのことなのだと思いますが。

 

ミヤンマーでお会いしたコンサルタントの方が日本はトータルのコストが安いという話をされていましたが、今回実感しました。

電車などの交通機関があてにならないと早め早めの出発になります。

1時間早く出発することもコストです。

予定通りにことが進む、約束が守られるということはコスト低減になります。

建設現場やITなど多くの人が関わって実行されるプロジェクトにおいて約束どおりに実行されないと手待ち時間があちこちで発生して全体の納期遅れにつながります。それぞれが自分の担当領域において、約束を何が何でも守るという意思の強さを日本はまだ持っています。先進国だったらできるということはありません。

真の民主主義は、議会などの政治システムよりも、ここの人間の社会に対する参加意識にかかっていて、その点において日本はTOPランクで強みだということを多くの人に体感してもらいたいなと感じました。

アチーバスがもっている全体を俯瞰するということがもたらす全員が協力して達成するという参加意識が持つ可能性を実感する旅の可能性は大きいのです。